睡眠の質と明かりの関係性について

睡眠の質と明かりの関係性について

 

睡眠の質と明かりの関係性について、ご存じでしょうか。
夜の明かりによって、睡眠の質は悪くなります。しかし、朝の明かりは上手く利用すれば睡眠の質を上げることができます。

 

 

夜の明かりとメラトニン

 

夜にスマホやタブレットでゲームをやっていたり、電子書籍を読んでいることはありませんか?
夜にスマホやタブレットを見ていると、眠りに大切な「メラトニン」が出にくくなってしまいます。

 

これは、スマホやタブレットが発する光、「ブルーライト」が原因だと考えられています。

 

 

朝の明かりとメラトニン

 

朝の明かり。つまり、太陽の光を浴びることで「セロトニン」が分泌されやすくなります。
このセラトニンには精神の安定に効果があります。また、夜にはメラトニンに変化し、睡眠を手助けしてくれるので、睡眠の質の向上に繋がります。

 

 

まとめ

 

夜にはブルーライトの明かりを抑えることが大事になります。例えば、ブルーライトをカットするアプリや眼鏡、フィルムを利用すると良いと思います。

 

朝には太陽光を浴びることが大事になります。朝に軽くでいいので散歩をするのがおすすめです。また、歩くことで自律神経を整える効果もあります。

 

この2点をやることで、睡眠の質が劇的に改善するかもしれません。